始める前に

InCopy データは、デザイナーがInDesignで作成したレイアウトデータから書き出します。ここでは最初にデザイナーが必ず行う「InCopyデータの作成」についてご紹介します。

1.InDesignデータをつくる

まず初めにデザイナーがInDesignでレイアウトを作成します。

インデザインの完成イメージ

2.InCopyデータの書き出し

「ウィンドウ」メニュー→「アサイン」を選択してパネルを表示。InCopyで編集したいテキストボックスを選択したら「アサインの追加」→「新規」をクリックします。「新規アサイン」という画面が立ち上がるので「OK」を押します。

InCopyの新規アサインパネル

3.データの確認

書き出されたInCopyデータはInDesign のフォルダ内に、先ほど入力したアサインファイル名で保存されます。InCopyデータは「icma」という拡張子のファイルで、InDesignのデータとリンクの関係です。

icmaファイル保存先

ご不明点は、お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ(平日10時〜18時)

03-3266-0081

メールフォームでのお問い合わせ(24時間)

メールフォーム

運営会社情報

株式会社アズワン
〒162-0804
東京都新宿区中里町29-3 菱秀神楽坂ビル1F
TEL:03-3266-0081(代表)
FAX:03-3266-5966

© 2017 自分でDTP