Adobe InCopyとは

Adobe InCopy(アドビ インコピー)というアプリケーションをご存知ですか?「InDesignなら知っているけどInCopyは知らない」という方がほとんどではないでしょうか。InCopyとは、InDesignと緊密に連携した文書作成・編集アプリケーションです。これまでの雑誌制作ではInDesignを使ってデザイナーやDTPオペレーターが入稿用データを制作していました。このためInDesign対応環境をもたない編集者やライターはデータを編集することができませんでした。しかし、InCopyを使えば、デザイナー、編集者、ライターが単一のInDesignドキュメントに対して同時に編集作業を行い、互いの作業内容が上書される心配のない同時進行のワークフローを実現できるのです。InCopyは、従来の雑誌制作のワークフローを劇的に変えるツールです。しかも導入コストはリーズナブル。ぜひ導入を検討してみませんか?

Adobe InCopyでできること

1.テキスト編集

誌面レイアウトを見ながら、フレーム内にテキストを直接書き込むことができます。字詰めや書式設定用スタイルの適用、割り付けなどの機能も使えます。

2.コピーフィット

テキストがフレーム内に収まっているか確認できる機能です。文字があふれると、赤色に変わり「超過○行」と教えてくれます。

3.トリミング変更

画像ボックス内の画像を、ボックス内で拡大・縮小することができます。またボックス内でのトリミング変更や、配置画像の差し替えも可能です。

ご不明点は、お気軽にご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ(平日10時〜18時)

03-3266-0081

メールフォームでのお問い合わせ(24時間)

メールフォーム

運営会社情報

株式会社アズワン
〒162-0804
東京都新宿区中里町29-3 菱秀神楽坂ビル1F
TEL:03-3266-0081(代表)
FAX:03-3266-5966

© 2017 自分でDTP